早いもので、8月に入りました。そこで今回は、8月に発売されるゲームの中から、ぜひ遊んでみたいものをご紹介します。

NO.1:12ミニッツ

10位からは、『12ミニッツ』です。最近はタイムループをテーマにしたゲームが増えていますが、「"Death Loop」は3Dの大作で、Arkaneのゲームで、9月に発売されます。

Chapter-7

12 Minutes』は、もっと小さくて、もっと親密な事件です。男性が妻の妊娠を知り、警察官がやってきて、妻が父親を殺したと訴え、警察官は妻と生まれてくる子供を殺してしまいます。その後、時間がリセットされ、あなたはすべての知識を保持し、その時点から、ゲームに勝つための最良の結果を見つけようとするはずです。

たった12分のループですが、ゲームは6時間から8時間の間で、ポイント&クリック式のアドベンチャーゲームのように展開します。トップダウンです。1つのアパートで1つのカメラアングルで撮影されていることを考えると、かなり見栄えのするゲームだと思います。正直なところ、私にとっては、非常にうまくいく可能性のある魅力的なコンセプトだと思います。

興味があるので、8月19日にMicrosoft Windows、Xbox One、Xbox Series XおよびSで発売されたら、ぜひプレイしてみたいと思います。

NO.9:ローンエコーII

9位の「Lone Echo II」は、VRアドベンチャーゲームの続編で、掴んだり押したりして、VR環境の中で物理現象を利用して無重力空間を移動することを目的としています。

Chapter-9

とてもクールな作品です。基本的には、様々なパズルを解いて、主人公たちを400年後の宇宙ステーションにタイムトラベルさせ、そこでは1作目で出会ったバイオマスが小さな虫に進化していた、という筋書きです。

Chapter-15

その宇宙ステーションでは、1作目で出会ったバイオマスが小さな虫に進化していて、放棄された宇宙ステーションの謎を解き明かすことになります。放棄された場所に行って、昔何があったかを調べる、というようなものをよく反映していて、面白いと思います。

アイザック・クラークが1990年代の発明家で、石村造船所にタイムトラベルして、過去ではなく自分の未来に、この船で恐ろしい事件があったことを知ったとしたらどうでしょう。私にとって興味深いのは、それもおそらくプロットの一部であるという可能性です。

Oculus Riftで8月24日に発売される『Lone Echo II』に期待しています。

NO.8:「対馬の幽霊」です。ディレクターズカット

第8位は、「Ghost of Tsushima: Directors Cut」です。さて、『Ghost of Tsushima』といえば、オープンワールド、アクションアドベンチャー、ステルスといったファンタジックな力作として知られています。しかし、今回のディレクターズカットでは、新たに壱岐島を舞台にした新しいストーリーが追加されています。

Chapter-38

基本的には、ジンが島に到着し、モンゴル人のシャーマンが島を支配し、あなたは人々の安全を守るためにいろいろなことを学ばなければなりません。これは、主人公の酒井仁の過去とゲーム本編での出番についての詳細であり、PlayStation公式ブログでは、癒しの物語と表現されています。

Chapter-63

しかし、私が興味を持っているのは、"Ghost of Tsushima "にもっと多くの時間を費やしたいということです」 PS4とPS5の可動性を高めるために、多くのオプションを用意しています。PS4版からディレクターズカット版にアップグレードする場合は20ドルです。PS4からPS5にアップグレードしてディレクターズカットを購入する場合は、20ドルです。PS4でDirector's Cutを購入し、PS5でDirector's Cutにアップグレードする場合は、10ドルです。また、PS4では60ドル、PS5では70ドルで購入することができます。

これらの商品は8月20日に発売されます。

NO.7:Humankind

第7位は「Humankind」です。「Civilization」を彷彿とさせるような、ターンベースの4Xヒストリカルストラテジーゲームです。基本的には、6つの主要な時代にわたって人類の文明を築いていくことになります。

Chapter-75

社会を発展させ、都市を開発し、征服していく、いわゆる4Xの世界です。出版はセガですが、開発はアンプリチュードで、都市の建設は『エンドレスレジェンド』のモデルを踏襲しています。

Chapter-78

つまり、『エンドレスレジェンド』や『エンドレススペース』を超えたビッグジャンプのようなものだと考えていて、「セガがスタジオを買収していなかったら実現できなかった」と、マグナム・オプスと呼んでいます。

Chapter-79

研磨のために少し遅れています。それは悪いことではないと思っています。Civilization』シリーズに対抗する巨大で面白いゲームになる可能性を秘めていると思います。このジャンルで複数のゲームがすべてを支配していたらクールですよね。

8月17日の発売を楽しみにしています。

NO.6:RiMS Racing

第6位にランクインした「RiMS Racing」は、開発元であるRaceWard Studioが、バイクシミュレーションゲームに全く新しいアプローチを提案したゲームです。このゲームの大きな特徴の一つは、豊富なカスタマイズオプションです。バイクのシミュレーションゲームはよく知られていますが、ブレーキ液までカスタマイズすることはあるのでしょうか?

Chapter-99

このゲームを調べてみると、ほとんどのパーツを交換することができます。RaceWard社からの直接の引用によると、プレイヤーはバイクを完全に分解し、あらゆる要素を交換して、タイヤ、ディスク、パッド、サスペンション、エアフィルターなど500以上の公式部品を選択して、最高のセットアップを実現することができます。。

Chapter-118

また、見た目も美しいゲームです。正直なところ、トレーラーで見た素敵な反射だけでなく、本当にクールな汚れもたくさんあります。

総合的に見て、間違いなく面白いバイクレースゲームで、PC、プレイステーション、Xboxで、8月19日に発売されます。

NO.5:ノーモア・ヒーローズ3

第5位は、面白いことにNintendo Switch専用ソフトの「"No More Heroes 3"」です。このシリーズは、Wii、PS3、Xbox 360、モバイルなどで展開されてきましたが、常に風刺的でエッジの効いた作品です。その最新作がSwitchに登場するというのは、私にとっては奇妙なことなのです。

Chapter-146

しかし、私はそのことに動揺していません。このゲームは、長年にわたってかなりの笑いを提供してきたゲームであり、優れたアクションも備えています。

Chapter-154

この作品の大きな特徴は、オープンワールドの方式に戻ることです。ですから、それが面白い点になるとは思います。前2作を知っている人なら、どこかで笑ってしまうような、いいハック&スラッシュシリーズだと思いますけどね。

ニンテンドースイッチ専用ソフトで、8月27日に上陸します。

NO.4:Aliens:ファイアーチーム・エリート

第4位は、「Aliens:これは、多人数協力型のシューティングゲームで、オリジナルの「エイリアン」3部作の続編にあたります。

Chapter-187

三人称視点のCo-opシューターで、大まかには『Left 4 Dead』のようなゲーム性を持っていると思います。しかし、もう少し本格的なシューターのようにも見えます。

Chapter-190

レインボーシックス』のようなタクティカル・シューティングというよりは、『レフト・フォー・デッド』に近いかもしれませんね。直接的な続編として機能しています。先ほど申し上げたように、オリジナル作品から23年後の世界を舞台に、匿名の宇宙海兵隊員としてコロニーからの救難信号に対応していきます。

Chapter-197

私にとっては、これは本当にヒットする可能性があります。また、鉛の風船のように着地する可能性もあります。どうでしょうね。でも、興味はあります。私は「エイリアン」シリーズが好きで、その伝承は常に興味深いものがあります。でも、どこまで深く掘り下げていくのかはわかりません。見たところアクションシューティングが中心のようですが、見てみましょう。

このゲームは8月24日にプレイステーション、Xbox、PCで発売されます。

NO.3新世界

第3位は、「New World」です。 私にとって、このゲームは注目に値するものです。そして、このゲームには大きな期待が寄せられていると言えるでしょう。そういう意味では、彼らが良いものを出せるかどうか、かなり興味がありますね。

Chapter-245

新世界」は、多人数同時参加型オンラインRPG、MMORPGです。この時点で、それが何であるかを知っています。少し波乱に満ちた開発サイクルを経て、当初は2020年5月に発売される予定でした。それが1年以上も経ってしまったのです。パンデミックの影響もありますが、それ以外にも時間がかかった理由はあるでしょう。

Chapter-250

私にとっては、必ずしも意図してプレイするゲームではありません。MMORPGファンにはたまらないものがあると思います。それよりも、良い品質のものを出してくれるかどうかに興味があります。アマゾンはこのゲームスタジオでゲームの世界に参入しましたが、これまではうまくいきませんでした。率直に言って、今の時点では、それは楽しみです。

新世界』は、8月31日にMicrosoft Windowsで発売されます。

NO.2:Psychonauts 2

2位は「Psychonauts 2"」です。「Psychonauts」をベースにしたVRアドベンチャーゲーム「Psychonauts」はストーリーが進んでいて、今作への布石のような役割を果たしていますが、今作は「Psychonauts」のストレートなゲームです。プラットフォーマーなんです。ダブルファインは、マイクロソフトに買収されてから初めての作品となります。 刺激的なのは、プレイステーション4向けに発売していることですが、同時に新しいXboxシリーズX向けにも発売していることです。

Chapter-319

つまり、『Psychonauts』は素晴らしいパズルプラットフォームなのです。このように、複雑に、そして丁寧に作られたゲームには、また参加したいと思うものがたくさんあります。そして、時間がかかるのは、彼らがゲームに対して特別なビジョンを持っているからなのです。それは苛立たしいことでもありますが、同時に、結果はとても良いものになります。

サイコノーツ2』は、8月25日にMicrosoft Windows、Xbox、およびPlayStation 4で発売されます。

NO.1Kena: Bridge of Spirits

そして、気になる第1位は『ケーナ: Bridge of Spirits』です。ブレス オブ ザ ワイルド』と初代『二ノ国』を合体させたような、親しみやすい作品になっていると思います。

Chapter-348

それほどではありませんが、"ケーナ "のスピリット・コンパニオンたちは、あまり戦闘的ではありませんね。どちらかというと、気を散らしたり、物を動かしたり、仕事をこなしたりするようなものです。しかし、少なくともある程度は戦闘の中で機能しているように見えます。また、戦闘はターンベースではなく、リアルタイムで行われます。

Chapter-357

とにかく、見た目が豪華なゲームです。日本やバリが、世界そのものを刺激しています。開発は14人のインディペンデント・スタジオで、彼らが最初に注目されたのは「Majora's Mask」をモチーフにしたショートフィルムを作ったことでした。このゲームでは、明らかに芸術性が発揮されています。彼らは自分たちが影響を受けたものを袖にしているのです。

Chapter-361

これは完璧なゲームになる可能性を秘めていると思います。8月24日にプレイステーションとマイクロソフト・ウィンドウズで発売されます。

ボーナスゲームのご紹介

キングスバウンティII

Kings Bounty II」は、1990年に発売されたゲームの直接の続編で、軍隊を率いて世界を横断する、とても壮大なゲームです。

Chapter-390

Madden 22

8月17日にプレイステーション、Xbox、マイクロソフト・ウィンドウズで発売される、EAの長寿ゲーム「マッデンNFL」の最新作「"Madden 22"」のご紹介です。

Chapter-402

グリッチパンク

最後に、『Glitchpunk』ですが、これはサイバーパンクのディストピアを舞台に、トップダウンの視点で、昔ながらの『Grand Theft Auto』のようなワクワクするようなゲームです。この作品は8月11日にPCで発売されます。アーリーアクセスからのリリースです。

Chapter-422