皆さん、私がどのようにして自分のモデルを作ったかをお見せし、皆さんが完全に一人でできるようになるためのツールを提供するのが適切だと考えました。

VRoid Studio チュートリアル PART1 ダウンロードVRoid Studio

1

VRoid Studioのホーム画面を見てみましょう。日本語のプログラムであるにもかかわらず、英語で表示されているのがわかります。

下にスクロールすると、VRoidでできることのプレビューがずらりと並んでいます。そしてここでは、まだベータ版であるニュートラルバージョンをダウンロードすることができます。これはかなり頻繁に更新されていますので、常にチェックするか、VRoidのツイッターで最新情報を得るようにしてください。私はWindows PCを持っているので、最新版をダウンロードしてみます。

VRoid Studio チュートリアル PART2 フェイスエディタ

Chapter-2

ここでは、私が行ったニュートラル・コミッションの一つのプロジェクト・ファイルを開いてみました。とってもキュートに仕上がっていますね。これは、セオリー・スタジオで実際にできる様々なことを示す良い例だと思います。

これからVRoid Studioの基本的な使い方を説明しますが、その後、このモデルに何をしたかの概要を説明します。どのようにして何かを作るのか、最後までお付き合いください。これが基本的なデフォルトのモデルで、最初は白紙の状態です。白紙の状態です。ここでは基本的なことを説明していきます。

まず、フェイス・エディターでは、すべての作業を行うことも、やりたいことを選択することもできます。ここでは、まず「すべて」を選択してみます。顔にズームインしてみると、VRoidがシムに非常によく似ていることに気づくでしょう。lotの素晴らしいコントロールがあります。

先に言っておきますが、スライダの端までしか操作できません。しかし、ここに何かを入力することができるので、実際には「5」などと入力すると、そのスライダーが想定している以上の効果を発揮してくれます。 必ずしも素晴らしいものではありませんが、どんなものでも、ネガティブにしたりポジティブにしたりして、本当に面白い結果を得ることができます。

Chapter-3

VRoid Studio Face Editorのテクスチャー

テクスチャのページに移動すると、画面の右側にパターンが表示されています。そして、フォトショップのようなブラシを使って、さまざまなテクスチャーを直接編集することができます。

chapter4

残念ながら、今日は舌の色付けはしません。これは最後の手段なんです。しかし、重要なのは顔の肌です。もし私がここに来たら、このとても恐ろしいスキンマスクを見ることになるでしょう。

chapter5

そして、それを使ってさまざまな編集をすることができます。例えば、チークを入れたいとしましょう。このブラシを使って、左右対称に描けば、かわいいチークを入れることができます。

そのあとにできることがいくつかあります。このブラシの幅の不透明度を使うこともできますが、実際にはレイヤー全体の不透明度を変更して、ちょっとした頬のチーク効果を作ることができるのです。

もし、もう1つのレイヤーを追加したい場合は、シフトキーを使って好きなところにドラッグしてください。すると、白が選択された状態になります。そして、そこにかわいい小さなキラキラしたものを作ることができます。 お好みで、より硬いブラシを使うこともできます。そして、本当に小さな素敵なキラキラを手に入れることができます。

chapter6

これは、できることのほんの一例です。もちろん、これらすべての異なるものを見て、独自のテクスチャーを追加することもできます。私は通常、フォトショップでの作業をお勧めしています。デフォルトの画像を右クリックして「エクスポート」し、ファイルをエクスポートしてからフォトショップに読み込み、心ゆくまで編集することができます。VRoidsでは、右にあるすべての異なるツールしか使えないので、この方法で本当にクールな効果を得ることができます。

これらのレイヤーを 右クリックすると、名前を付けるなどの様々な操作ができます。また、表示/非表示を切り替えることもできます。今のところ、このモデルにはピンクのチークやハイライトは必要ありませんので、これだけにしておきます。

VRoid Studio チュートリアル PART3 ボディエディタ

Chapter-4

続いて、ボディエディタに移ります。これはフェイスエディタとほぼ同じで、さまざまなオプションが用意されています。それぞれを個別に設定することもできますし、、すべてを設定することもでき、かなりクレイジーなことができます。しかし、通常はシンプルにしておいた方がいいでしょう。例えば、足をきれいに長くすることができます。また、オッパイを出すこともできますし、彼女を短くすることもできます。また、いろいろと試してみるのも楽しいものです。

Chapter-6

テクスチャーを見てみましょう。default imageをクリックします。この下のベースモデルここでは、靴下のようなものを作ります。これに色をつければいいんです。テクスチャのベースカラーを白にしておけば、テクスチャはそのまま表示されますが、ここに来てベースカラーを他の色に変更すると、実際にテクスチャ全体が引き締まるのがわかります。ですから、通常は完全に白にしておくのがベストです。

次に、陰影を変えたい場合は、陰影の色を変更します。私は特に髪の毛でよくこの作業をしていますが、とてもクールな効果が得られます。

VRoid Studio チュートリアル PART4 クロスエディタ

Chapter-7

さて、ここからは服の話に移ります。洋服は楽しい部分ですが、とても恐ろしい部分でもあります。 Tシャツにしてもいいし、コートにしてもいい。Tシャツもできるし、コートもできるし、いろいろな機能があって、実際に着替えることができるんです。

服自体は、さっきの体のパーツと同じですね。例えば、この肩のパフを引っ張って、パッと出すことができるんです。そして、 裾の折り目をもっと内側にすることができます。パンツでも同じことができます。靴やアクセサリーの種類を変えることもできます。

私はこのアクセサリーを取り除くつもりです。今はまだアクセサリーの機能は多くありませんが、、将来的にはこのような機能が追加されるでしょう。

VRoid Studio Clothes Editorのテクスチャー

Chapter-9

VRoid.、服のような様々なクールなものを作る方法です。ここでは、服のテクスチャを用意しました。

このようなものを、、今着ているシャツのように、全く違うものに変えることができます。これは文字通り、テクスチャ自体を消してしまうことで、フォトショップさえあれば簡単にできます。でも、リンクを変えたり、袖をなくしたりすることもできます。

フォトショップで色を変えたり、ロゴを入れたりすることもできますし、すべてカスタマイズ可能です。フォトショップで色を変えたり、ロゴを入れたりすることもできます。本当に、本当にカスタマイズ可能で、3Dモデリングの経験がなくても大丈夫です。

VRoid Studio チュートリアル PART5 ヘアEditor

Chapter-10

さて、ここからが一番怖いところですが、それはヘアエディタです。できることを少しずつ紹介していきますが、あまり深くは説明しません。

ここにあるベースヘアをクリックすると、文字通り彼女の頭皮だけが表示されます。

彼女のシェードカラーを取り、スポイトツールで緑にして、それを暗くします。ここで少しだけ。次に、フリーハンドグループと呼ばれるものを追加します。フリーハンドグループとは、モデルに個々の髪の毛を描くためのものです。プロシージャルグループは、文字通り髪の毛を生成してくれるものですが、実際にこれを使っている人を私は知りませんし、役に立たないと思います。純粋にyourselfで髪の毛を描いたほうがいいでしょう。

いたるところに小さな緑の点がたくさんあるのがわかると思います。これが基本的に髪の毛のガイドになります。ミラーオプションを使えば、私がやったことを両側に反映してくれるので、とても便利です。

次に、通常のフリーハンドのグループを追加しますが、選択されているかどうかを確認してください。 ブラシツールを使って、別の髪を描くことができます。私はいつも前髪から始めます。ミラー ツールをオフにすると、とても簡単に描き足すことができます。

chapter7

こんな感じになります。テクスチャのパラメータや厚さ、幅なども変更できます。そして、選択してから削除することもできますが、それではちょっともったいない気がします。そこで、実際にコントロールポイントをクリックしてみます。この作業はすべて手作業で行うことができます。髪の毛でできることはたくさんあります。でも、これが簡単なデモンストレーションです。

ヘアボーンは、基本的に、風に吹かれたり、走ったりするときにヘアが使う物理現象です。残念ながら、実際には骨は入っていません。これは骨のない髪の毛です。

VRoid Studio Hair Editorのテクスチャー

テクスチャに移動して、VRoid のテクスチャを確認してみましょう。ベースカラー がグリーンに変更されているのがわかります。最初はいつも白なので、 可能であれば、自分で色を塗って白のままにしておくことをお勧めします。

Chapter-12

VRoid Studio チュートリアル PART6 ゼネラルエディター

一般的な編集画面です。モデル全体に、アニメのようなラインが描かれています。この線をもっと太くすることで、より強烈なアニメのような絵にすることができます。個人的には、太い線は素晴らしいと思いますし、線が全くないのも非常にきれいです。

リムライトについては、実際にモデル上で調整することができます。本当にマットな感じにしたい場合は、文字通りゼロにスライドさせます。しかし、きれいな光沢感を出したい場合は、強めに設定することができます。圧縮を強めれば強めるほど、アウトラインのような役割を果たすことができます。これとまったく同じことをボディにも行うことができ、とてもクールな効果が得られます。また、陰影の付け方も同じです。VRoidの一般的な外観を調整することができます。

このモデルをバーチャルキャストで使いたい場合は、アップデートがあったので、ここにある「ロコモーションによる過剰な動きを防ぐ」のチェックを外す必要があります。これをしないと、モデルが文字通り髪の毛のボーンや服、物理的なものがすべて飛び出してしまい、バーチャルキャストでは本当にひどい見た目になってしまいます。このチェックを外せば、問題を回避することができます。

次に、カメラエクスポーターの設定に移りましょう。これはモデル作成の中でも最も楽しい部分です。顔の表情を全て可愛く見せることができます。背景を変更することもできるので、私は通常、スクリーンを使います。

Chapter-13

そして、彼女の見た目やポーズを調整することができます。デフォルトのアニメーションもたくさん用意されています。男性用、女性用があります。私は、髪の毛の物理的特性をテストするときに、いつもランニングをしています。

ポーズを取るためにここに行くと、好きなように調整できます。これはとても素晴らしいことで、何かを成し遂げるための最も早くて簡単な方法です。そして、照明、髪や服の風のエフェクトをかけることができます。

ポストエフェクトは、いつも「はい」をクリックします。ブルームを使って色を変えたり、ぼかしを加えたりと、クールな写真をカスタマイズするのに最適なものが揃っています。

VRoid Studio チュートリアル PART6 モデルのエクスポート

その後、 キャプチャーサイズ、常に4Kがお勧めです。次にエクスポートします。これは、VRoid Studioからモデルを取り出す方法で、これは重要です。アバターの最適化に問題があり、それをVR Chatに取り込もうとしている場合、ここでさまざまなことをして、your meshを小さくすることができます。マテリアルを減らしたり、2つだけにしたり、あるいは一般的にボーンを減らしたりすることができます。 唯一本当にお勧めなのは、マテリアルを減らして2つにすることです。ただ、モデルをblenderに最初に入れるだけなら、気にする必要はありません。

ただ、そのモデルをvrmとしてエクスポートしたい場合は、エクスポートを押せばいいんです。また、VRoidのハブに載せて世界と共有したり、写真を撮ったり、超かわいい姿にしてみんなに披露したりすることもできます。

最後に必ず行うことは、モデルを保存することです。名前を付けて保存し、このテストチュートリアルモデルに名前を付けます。 いつでも好きなときにアクセスできるようになります。