CrunchyrollとFunimationの簡単な紹介

この話がこれほど展開するとは思っていなかったが、リーフエリクセンの日にうっかり高速道路で車とぶつかりそうになって、誰もが金魚のように速く走ってしまうような情報がまた出てきた。思い出せば5ヶ月ほど前に発表されたものです。実は、アニメアプリ「Crunchyroll」の売却を最終的に決定している最中だったとは、時の流れは早いものです。

Chapter-36

Crunchyrollは、欧米では2大アニメストリーミングサービスの1つであり、制作会社でもあります。この取引で買い手となるのはソニーですが、ご存知でない方もいらっしゃるかもしれませんが、ソニーはすでに西欧諸国でもうひとつの最大のアニメーションに特化したストリーミングサービスと制作会社を所有しており、それがファニメーションです。

Chapter-39

さて、なぜかこれらの会社が、自分たちのロゴがついたアニメの制作者だと思っている人がいます。それは、そのserviceのオリジナルコンテンツの場合に限ります。例えば、the god of high schoolos a crunchyrollAnimation original.

Chapter-47

この番組は確かにCrunchyrollが制作したものですが、ほとんどのアニメ、例えばmy hero, academia, Dragon Ball Z, Narutoなどはこれらの会社が制作したものではありません。これらはアメリカの会社です。

クフロールの本社はカリフォルニアにあり、ファニメーションの本社はテキサスにあります。もちろん、Coughrollの本社は変更される可能性が高いですし、もしかしたら無くなるかもしれません。これらの会社が主に購入するものはアニメを欧米に配信するための権利やライセンスを、英語で購入する。それが彼らの仕事ですが、彼らはアニメを配信するための市場性の高いアプリを持っています。

AT&TがCrunchyrollをソニーに売った理由は?

この他にもまだまだありますが、情報としてはこれで十分です。しかし、この両社の取引の大きな可能性は、片方または両方のアプリがもう存在しないかもしれないということです。最初は理解できないかもしれませんが、AT&Tが欧米で最大のアニメフォーカスサービスの1つを売却する理由が今日わかりました。そして、ソニーはその最大の強みを手に入れたのです。

もちろん、CrunchyrollはAT&Tのワーナー・メディアの傘下にありましたが、The NewYork Timesの報道によると、ワーナー・メディア部門全体がディスカバリーに買収されるようです。

Chapter-119

今回の発表は、AT&Tを負債だらけのコングロマリットに変えた積極的なディールメイキングが、Paid offになっていないことを端的に示していると言われています。

Chapter-130

ワーナー・メディアを売却することは、数千億ドル の価値のある取引を覆すことになります。AT&T は、ランダル・スティーブンソンの下で、タイム・ワーナーやディレクTVなど多くの企業を買収し、巨大なコンテンツ制作マシンと、ブロードバンドや衛星テレビのパワーハウスとの融合を目指していました。これらの賭けはうまくいかず、AT&Tは、今年初めにDirecTVの株式をTPGに、Crunchyrollストリーミングサービスをソニーに売却しました。

AT&TがCrunchyrollの売却を選んだのは、巨額の負債に悩まされているからだということがわかりました。さらに売却を進めてmergerを引き起こしているので、会社にとっては良いことではありません。

これまでにも企業はこのようなことをしてきました。知らない人もいるかもしれませんが、マーベルは何十年もの間、映画の権利を次々と売却していました。ago だからこそ、ソニーはスパイダーマンの映画の権利を持ち、フォックスはX-メンやファンタスティック・フォー、デッドプールを所有していたのですし、もちろん他にもありました。

しかし現在では、スパイダーマンを除いたすべての作品がマーベルに戻ってきています。ただし、スパイダーマンは現在、ソニーとマーベルが契約を結んで共有しています。

まとめ

Chapter-166

いずれにしても、独占法を持ついくつかの主要な国でこの取引が承認されるまでは、CoughrollはまだAT&Tの所有物である。しかし、それはほぼ確実に実行されるだろう。