このチュートリアルへようこそdemonstration.Blender Video Editing 3.0 α版の機能のいくつかを紹介してみます。

The UI of Blender Video Editing Tool

まず、ビデオ編集テンプレートを選択します。これは、Blenderでのビデオ編集に適した設定がいくつか用意されているからです。私はUIを変えたいと思っていますが、もちろん、あなたが好きなようにしていただいて構いません。

1

2つのタブがあります。ひとつは「ビデオ編集」、もうひとつは「レンダリング」です。レンダリングには、フレームプロジェクトのフレームレートや解像度など、すべてのレンダリング設定が含まれています。そして、まったく同じ情報があることに気づくでしょう。これは必要ないので、 このコーナーを右にドラッグすると、消えます。

2

また、ファイルブラウザも用意されています。ファイルをインポートすることもできるということです。このようにすることで、様々なファイルタイプに対するかなり重要なインポート設定が得られますし、複数のファイルをこの方法でインポートすることもできます。これも削除した方がいいですね。

3

さて、よりわかりやすい画面になりましたが、私はもっとわかりやすくしたいと思っています。ツールはいくつかありますが、まだ役に立つものには発展していません。そこで私は、2倍の高さのあるヘッダーをオフにし、ツール、サイドバーを削除することにしました。また、大きなプレビューエリアがあるのもいいですね。

4

問題は、ストリップをインポートする際に、そのストリップの設定を操作する必要があることです。シーケンサー/プレビューを選択して開くと、この小さな「V」が横に並んでいますよね?これがストリップのプロパティにもなります。また、ビューのプロパティにもなります。

ストリップの編集は、Blenderビデオ編集ツールで行います。

Blender Video Editorにストリップをインポートします。

6

Let me import a strip.「Add Movie」から「Import」を選択します。これが適している。あれを使おう。これは、「The Cosmonaut」というオープンソースの映画の映像です。、ストリップの設定ができたのがわかると思います。必要に応じて、位置などを変更することができます。また、緑のラインも表示されています。これはビデオとオーディオのサウンドです。オーバーレイの設定がありますが、これらの設定はもちろん変更可能です。波形が描かれているので、音が出ているのがわかります。、音が出ていて、音のアイコンがあるのがわかります。

分割Blender Video Editorでストリップを分割する

トリミングやビデオ関連の作業もできますし、時間パネルもありますので、その方法で変更したい場合は、時間パネルを使って変更することもできます。主に編集を行いたいのですが、ストリップに行くと、Blenderでは「Split」と呼ばれているのがわかると思いますが、Splitを押すとショートカットの「K」が出てきます。普通は、このストリップにカットを入れて、作業に入ることになりますが、Blenderでは、スプリットをする前に、すべてを選択する必要があります。、選択して、カーソルを動かして、Kを押して、スプリットをします。それだけでいいんですよ。

Chapter-2

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、スプリットには「ホールドスプリット」という別の方法がありました。それを試してみましょう。まず選択してから、「Hold Split」をしなければなりません。これを邪魔にならないように動かしてみましょう。「Hold Split」では、そのフレームから成長させることができますが、フリーズフレームを作ってしまうと、ストリップの色が変わってしまいます。つまり、ホットスプリットは実はフリーズフレームをするためのものなのです。

ほとんどの場合、ストリップをカットするホールドスプリットの方法は使いたくありません。

5

トランスフォーム時のプレビュー

Blender 3.0にはPreview During Transformという新機能があります。再生ヘッドの位置にあるものは何でもプレビューしますが、ハンドルを変更するとプレビューが変わり、まさに移動中のフレームをプレビューしていることになります。白いアウトラインがあるのがわかると思いますが、これは「アクティブなストリップ」と呼ばれています。2つのストリップを選択すると、白いアウトラインのものと、オレンジ色のアウトラインのものがあります。これらは選択されたストリップで、こちらはアクティブなストリップです。プレビューするときには、常にアクティブなストリップがプレビューされます。

一括変更値

遊び心のあるストリップや選択されたストリップで注目すべき点は、これらの値を一括して変更できることです。。例えば、「ミュート」にすると、アクティブなストリップだけが変化していることがわかりますが、「Alt」を押すと、すべてのビデオストリップが変化していることがわかります。音声を変えることができないのがちょっと不思議ですね。

しかし、これは値を一括して変更する一つの方法です。また、右クリックで「選択したものにコピー」することもできます。そうすると、残りの部分もミュートされます。これをやってから「選択されたものにコピー」するとどうなるかというと......やはり1回しかコピーされません。でもまあ、少なくとも一括して追加する方法ではありますね。

また、例えばAltキーで再生時間を変更すると、すべてのストリップの再生時間が変更されます。スライドショーのようなものを作っている場合には、便利な機能ですね。

Blenderでストリップを挿入する

トリミングの際、プレビューの話をしましたが、2つのストリップのようなものがあって、そのストリップの間にこのストリップを入れたい場合はどうしますか?そうすると、そこには入りません。しかし、ストリップをドラッグすると、テキストが表示されます。かなり隠れていますが、「G」または「Alt」で「フィットオフを展開」と書いてあります。今度はAltを押します。フィット感の拡大をオンにします。今度はAltを押してから離します。その素材が挿入されます。これは延長しても機能します。

ギャップの除去

Chapter-25

使えそうな機能として、Remove Gapというものがあります。これはギャップを除去するものですが、すべてのチャンネルにギャップがある場合に限ります。そうでない場合はできません。

ストリップを現在のフレームにスナップする

Snap strips to the current frame」のような機能は他にもあります。これは、選択されたすべてのストリップをスナップします。さて、このような状態にしてから、それらを重ねてみましょう。ストリップを入れ替えたり、「Move」 - すべてを移動するときに使う機能です。また、「G」を押してドラッグすることもできます。選択は非常に重要です。なぜなら、それによってどのストリップで作業できるかが決まるからです。

ボックス選択 ハンドルを含む

また、「ボックスセレクトにハンドルを含める」という機能がありますが、これは主にハンドルを選択するためのもので、必要であればかなり素敵な機能です。G』を押すと、同期を保ったままカットを移動できるんです。例えば、ミュージックビデオなどを作っていて、いくつかの悪いフレームがあった場合、そのようにカットを移動することができます。

Chapter-31

Blenderビデオ編集におけるストリップの選択

選択には様々な方法があります。今は『Control』を押して、カーソルの左か右を選択しています。Alt』を押すと、いくつかのカットを行います。Altを押しながら、両方を掴んで真ん中の部分を移動させます。あるいは、外ともう一つ、その二つを外に移動させると、真ん中のストリップはフレームを変えません。水平方向に移動しただけで、コンテンツもinとoutのポイントも別バージョンでは移動しています。

また、隣の人の選択もあります。そしてチャンネル選択。そして、私たちはリンクしています。もう一回Moreを選択すると、別のものが選択されます。

Blenderビデオ編集におけるストリップの種類

次に、ストリップの種類について説明します。エフェクトストリップのようなものがありますが、グレーで表示されているのは、それを適用できるストリップに追加する必要があるからです。

ビデオストリップ/ムービーストリップ

ビデオストリップやムービーストリップを手に入れました。そして今、その1枚に追加できるものがあります。中には、2つのストリップが必要なものもあります。まだグレーアウトしているものもありますが、これはストリップをマージするためのものです。これらが明るくなっているのは、エフェクトストリップにアサインされているからです。

そして、トランジションを行うことができます。2つのムービーストリップが重なっています。トランジションの追加」を右クリックします。クロス」を右クリックすると、2つのムービーストリップがクロスします。

オーディオストリップ

オーディオでも同じことができます。ここでは2つのオーディオファイルを「Shift」キーを押しながら複数選択しています。、どのようにして波形を得たのか、ちょっとわかりにくいですね。これも同様に削除してしまいましょう。f-カーブがわかると思いますが、波形はすべて残っています。

これは、あるストリップの音声が消えて、別のストリップの音声が現れることを示す曲線です。グラフエディタを開くと、曲線が得られたことにも気づくはずです。このグラフを選択して動かしてみると、ストリップの中でグラフが動いているのがわかります。これは何が起こっているのかということです。オーディオファイルの場合は、f-カーブを使います。ムービーストリップでもFカーブによるフェードが可能です。

フェードインフェードアウト」私たちはこのようにカーブを進めました。プレビューでは完全に混乱しています。

Chapter-34

もうひとつの気の利いた機能は、ストリップの選択ができることです。このオーディオとこのビデオを1つのストリップにしたい。「メタ」ストリップを作ることができる

シーンストリップ

さて、これは2つのストリップでできていることがわかると思いますが、「Tab」を押すと、何でも挿入したり変更したりすることができます。これがチェンジ&リターンです。もうひとつのストリップタイプとして、この「Scene」ストリップを使ってみるのも面白いかもしれません。「No items available,'as we need a new scene.」。

Chapter-39

Camera mode,View navigation, Walk navigationを追加します。これで3Dビューが完成しました。ビデオ編集のあるシーンに戻ってみます。このシーンではビデオ編集が行われていないのがわかります。

Chapter-50

そして、Shift + Aを押してシーンを追加します。これで3Dシーンが完成しました。これにはいくつかの設定もあります。複数のカメラがある場合は、カメラを選択することができます。カメラが2つあるので、その1つを複製すれば、2つのカメラの間をカットすることができます。これで、同じシーンの中で2つのカメラの間をカットすることができました。 そして、再びリフレッシュする必要があります。 しかし、どうやらクロスをしなければならないようです。 透過させるためには、アルファを追加する必要があります。

Chapter-55

そしてまた、すべてをリフレッシュする必要があるかもしれません。私もアルファ・オーバー。スザンヌのお猿さんが2人います。ビデオエディターの中で3Dビューからのものを持つことができます。

Chapter-60

Blenderビデオ編集のその他の機能

カラーグレーディング

他にもカラーグレーディングを行いたい場合には、いくつかの方法があります。モディファイアを追加することができます。例えば、カラーバランスがありますが、プレイヘッドが実際に作業している帯の上にあることを確認しないと、困惑してしまいますが、このように色を変えることができます。でも、その画像を同じタイムラインの別の画像と比較できたら、とても便利だと思いませんか?それが、実はできるんです。

両方とも「表示」を選択し、「フレームオーバーレイ」をオンにします。そしてフレームオーバーレイ。この画像を「参照」に、もう一方を「現在」に設定します。これで、2つの異なるショットになる可能性があり、色を比較できるのでとても便利です。しかし、ヒストグラムなどが必要な場合は、それに切り替えることができます。

Chapter-59

これはカレントビューとモディファイア用のものです。このようなイメージで何をしているのかがわかります。

Chapter-61

ストリップ素材をすべて再生

すべてのストリップ素材を再生したい場合は、「Select All」をしてから上に行く必要があります。範囲「選択する範囲を設定」で、この範囲内になります。レンダリング」タブに移動して試してみましょう。

解像度」と「フレームレート」を設定しました。これが素材に合っていればいいのですが。そしてパスですが、PNG画像ファイルのレンダリングはしたくありません。FFmpegのビデオを使って、素材をいくつかの異なるコーデックやコンテナに変換したいと思います。これを使います。これはYoutubeにも対応していますし、音声も欲しいですよね。AC3オーディオです。あとは、カラーマネージメントをチェックするだけです。View TransformはFilmicではなくStandardに設定する必要があります。

Filmicに設定されていると、レンダリング時間が非常に遅くなり、色がグレーアウトしてしまいます。ビデオエディタを使用する場合、ほとんどの場合、Filmicの設定は必要ありません。

次にレンダリングを行う必要がありますが、そのためには「ビュー」から「シーケンス・レンダリング・アニメーション」()を選択すると、混乱した編集内容が表示されます。3D要素を使ってレンダリングする場合は少し遅くなりますが、シーンストリップの速度という点では改善の余地がありますが、いずれ対処されることを期待しています。

まとめ

これはかなりのものです。Thank you!

他のビデオ編集者の方もご覧ください。

初心者・中級者・プロ向けの無料・有料動画編集ソフトTOP19