この記事では、それぞれのDAWが持つ主な機能と最低必要なコンピュータの条件の項目を紹介します。そして、シーケンサー、ピアノロール、ミキサーがどのような機能を持っているのかを簡単に紹介します。そして心配しないでください。これらのどれもが無料のトレイルや制限されたものではありません。ご安心ください。これらはすべて100%無料で、何の制約もありません。

DAWって何?その説明

DAWとは、Digital Audio Workstationの略で、音楽制作ソフトウェアのことです。基本的には、ダウンロードしたバーチャルインストゥルメントやオーディオエフェクトなどのプラグインのホストとなるものです。

無料DAW #1: LMMS

このトップ5で最初に紹介するのはLMMSです。これは、お使いのOSに関係なくお使いいただけます。Windows、Mac、Linuxに対応しているので、パソコンがあれば誰でも音楽制作が可能です。

CPUもそれほど多くは使いませんが、非常にベーシックなデジタル・オーディオ・ワークステーションです。しかもオープンソースですから、多くの人の手によって開発されていることになり、貢献しようと思えばあなたも参加できます。コンピュータのキーボードをMIDIに変換する機能もあるので、コンピュータのキーボードをピアノのように使ってバーチャル楽器を演奏することもできます。

Chapter-3

LMMSシーケンサー/アレンジメント・ウィンドウ

LMMSのシーケンサー(またはソングアレンジウィンドウ)は悪くありませんが、基本的なものであり、自由度は高くありません。しかし、それでも仕事はこなせますし、サンプルやパターンの管理も簡単です。

Chapter-4

LMMSピアノロール

LMMSのピアノロール(またはMIDIエディター)はこんな感じです。とてもすっきりしていて使いやすく、ワンクリックでどんな音階のコードでも書くことができる素晴らしい機能を備えています。

Chapter-5

LMMSミキサー

ミキサーも同じようにシンプルですが、基本的な機能を備えています。このリストの他のDAWと同じように、シンプルに見えても、センドトラック(またはミックスバス)を作成する機能を備えています。

Chapter-6

LMMSコン/ダウンサイド

このDAWで私が最悪だと思った欠点は、オーディオの録音ができないことです。しかし、Audacityを使って録音し、そのオーディオファイルをLMMSにインポートすることができます。

Chapter-7

無料DAW②:SoundBridge

第2位は「SoundBridge」です。このDAWは、クラウドファンディングの際にLimitとしてスタートしましたが、その後進化を遂げています。こちらはWindowsとMacで32ビットと64ビットの両方で利用できます。ただ、プラグインを動作させるためには、DAWと同じビットバージョンでダウンロードする必要があります。つまり、例えば32ビット版のSoundBridgeをダウンロードした場合は、32ビット版のプラグインをダウンロードする必要があります。

Chapter-8

SoundBridgeシーケンサー

このDAWの中心はシーケンサーで、LMMSのものより優れています。トラックや各パターンのコントロールが格段に向上しています。また、選択したものを表示するパネルに直接リンクしているので、オーディオファイルやパターンの調整が非常に簡単です。オーディオパターンの場合は、ピッチ、タイム、ボリュームなどを簡単に調整することができます。

Chapter-9

SoundBridge ピアノロール

また、これらのパターンに音符を書き込むには、SoundBridgeのピアノロールが良く、LMMSでは描いた後ではなく、描きながらMIDIノートの長さを変更することができます。しかし、ワンクリックコードで述べたように、LMMSにはこちらを上回る機能があります。

Chapter-10

SoundBridgeミキサー

最後にミキサーですが、LMMSのものよりも少し機能が多いですが、どちらも長所と短所があります。でも、私はこちらの方が好きですね。また、シーケンサーを開いたままミキサーのミニビューを見ることができる機能も付いています。

Chapter-11

SoundBridge Con / Downside

唯一の欠点は、DAW. を開くたびに寄付金を要求されることです。

Chapter-12

無料DAW #3: Ohm Studio

次に紹介するのはOhm Studioです。私の知る限り、他のDAWにはない特徴があります。それはリアルタイムコラボレーションです。つまり、世界のどこにいても、同じプロジェクトに複数の人と同時に取り組むことができるのです。コラボレーションしたプロジェクトで誰が何をしているか、リアルタイムで確認することもできます。DAW内には一般的なチャットルームとプロジェクトベースのチャットルームがあり、現在Ohm Studioを使用している人と話すことも、コラボレーションしている人とだけ話すこともできます。

Chapter-13

オームスタジオシーケンサー

シーケンサーは、パターンやプレイリスト全体を素早く拡大・縮小したり、ボリュームのフェードポイントを調整したり、ループしたり、両方向にサイズを変更したりと、柔軟性に富んでいます。前の2つのDAWよりも良いシーケンサーを搭載していると思いますが、次のDAWは機能が充実しています。

Chapter-14

オームスタジオピアノロール

しかし、このDAWには面白いピアノの役割があります。シーケンサー内の各MIDIパターンに配置されているので、他にはないものになっています。かなり変わっていますが、悪くはないと思います。

Chapter-15

オーム社製スタジオミキサー

ミキサーについては、できることとできないことがガイドによってわかりやすく説明されていますが、よりアナログ的な見方に切り替えることもできます。また、プレイリストで選択したトラックに応じてフォーカスを変えることもできます。

Chapter-16

オームスタジオ Con / Downside

ちょっと気になったのは、無料版ではOGGフォーマットにしか書き出せないことと、このDAWを使うにはインターネットに接続していなければならないことです。OGGも悪くはないのですが、このDAWの上級バージョンに39ユーロ払えば、WAVEにエクスポートできます。

Chapter-17

無料DAW #4: Waveform Free

Tracktion T7を使ったことがある人なら、これは見覚えがあるかもしれません。それは、Waveform Freeがその最新版で、名前が変わっているだけだからです。Tracktionは、有料DAW「Waveform」の新バージョンを発表するたびに、旧バージョンを無料で公開しています。

このDAWには、コンピュータのキーボードをMIDIコントローラとして使用する機能がありますが、ちょっと面倒で使いにくいです。、少なくとも必要に応じて使用できます。

Chapter-18

Waveform Free Sequencer

Waveformのシーケンサーは、最初は戸惑います。しかし、一度コツをつかめば、ワークフローはそれほど変わらず、多くのユニークな機能を備えています。MIDIをアンカーにして、その周りにパターンを移動させることも、その逆も可能です。また、オーディオにバウンスするのも非常に簡単です。このオプションをクリックして、ドラッグするだけです。

Chapter-19

Waveform Free Piano Roll

Waveformのピアノロールは完璧です。各音符のベロシティは上下にドラッグして、幅は左右にドラッグして調整することができます。また、複数の音や単一の音など、選択した音で和音を作ることもできます。

Chapter-20

波形フリーミキサー

オーディオのミキシングには、シーケンサの右にある統合されたミキサーか、右上にある専用のミキサーウィンドウを使って表示させることができます。ミキサーは非常に標準的なものですが、センドトラック(別名ミックスバス)を作成する場合は、サブミックスと呼ばれ、シーケンサで作成する必要がありますが、その後、ミキサーまたはシーケンサでルーティングすることができます。

Chapter-21

無料DAW #5: Cakewalk by Bandlab

最後にご紹介するのは、Cakewalk by Bandlabです。このDAWはかつてSonarと呼ばれていて、以前はお金がかかっていましたが、買収されて無料で使えるようになりました。私の経験では、これは最高の(無料の)デジタル・オーディオ・ワークステーションです。そうそう、このDAWにはコンピュータのキーボードを使ったMIDI機能がありますが、それは選択しなければならないウィンドウを介して行われます。

Cakewalkの欠点 / デメリット

欠点は、Cakewalk は 64 ビットの Windows にしか対応しておらず、32 ビットのプラグインにも対応していないことです。そのため、これまでに紹介したいくつかの選択肢が唯一の選択肢となるかもしれません。もしあなたがこのDAWを使うことができるなら、私はそれを強くお勧めします。

Chapter-23

Cakewalkピアノロール/MIDIエディター

私の意見では、このDAWはこのリストの5つの中で最も優れたピアノロールを持っています。たくさんの機能が詰め込まれていて、使い方も簡単です。また、より伝統的な作曲家であれば、楽譜を書くのに使える素晴らしい記譜法のエディターを備えています。

Chapter-24

Cakewalkシーケンサー

シーケンサーについては、良いと思います。すべてが必要なところにあり、オーディオをビジュアルで編集するためのビデオディスプレイなど、多くの機能があります。無料のDAWとしてはユニークな存在で、一般的なDAWとしては言うまでもありません。

Chapter-25

Cakewalkミキサーラック

Cakewalkのミキサーにはたくさんの機能があり、このビデオで紹介しているすべてのDAWの中で最も多くの機能を備えています。素早く変更できる統合EQウィンドウがあり、すべてのトラックのプロチャンネルに内蔵されたメインEQにリンクしています。これにはコンプレッサー、先ほどのEQ、チューブサチュレーション、コンソールエミュレーターが含まれています。そして、このEQはさらに大きなEQに開きますので、より簡単です。なぜ3種類のサイズがあるのかはわかりませんが。

さて、Garagebandについても触れようと思いましたが、Macをお持ちの方はご存知か、あるいはすでにお持ちでしょう。でも、そうでなければリストに入っていたと思いますよ。Macをお使いの方はぜひチェックしてみてください。特に将来Logic Proを使いたいと思っている方にはお勧めです。このフリーソフトが、あなたの素晴らしい音楽、サウンドエフェクト、その他のオーディオ関連プロジェクトの制作に役立つことを願っています。